By   2016年4月26日

脱毛サロンに赴きだして、あまりに施術に納得ができない、人材の行為が小さい、時間的にやっぱり伺えなくなったなどの理由で脱退を講じるという個々もいる。
飲めるミドリムシ

サロンサイドからしたら基本的にあってはいけない手法となるのですが、それでも脱退ということになったら最初に支払った金額がどの程度帰るのか、あるいは戻って欠けるのかということは気になるものです。

ミュゼ・プラチナムでは脱退の際には返金する原理が存在しています。

その原理は最後の施術から2年以内が適用期間となります。

最初に費消を行った予算から施術により消化した分の予算を差し引いたものを返金するというメカニクスになっています。

ですから、仮に一回も施術を行っていないということならallが返金されるということになるのです。

無論、違約代価や手間賃も別で加わるということもありません。

基本的にはないとは思うのですが、あまりにという時折安心できるメカニクスだということが言えそうです。

なお、複数箇所の施術で1回分と達するようなメニューは一部分でも施術受けているとそのメニューは消化したという条件になります。